無線LAN接続について

こんにちは、Show.です。
週末大会は10年以上続いていますが、この週末大会Blogで「無線LAN接続で対戦することの是非」についてきちんと書いたことはありません。
なぜならそんなことを論じても無意味だからです。

なぜ無意味かと言うと。
対戦格闘ゲームをやるからには誰だって有線接続でプレイしたいに決まっているからです。
わざわざラグの発生しやすい無線で対戦したい人などいるはずありません。
それでも無線接続している人は「どうしても有線接続が困難な家庭の事情」があるからです。
そりゃ対戦する側としては有線接続にしてほしいけど、家庭の事情に介入する権利もありません。
つまりどうしようもない…無意味というわけです。

ですが今回、その無意味なことに少しだけ触れておきます。
週末大会は無線接続に関してどう考えているのか明言してほしいとの声が数多く届いたからです。

当たり前ですが、基本的に無線は非推奨です。
有線接続が可能な環境であれば有線で繋いで下さい。
ポケットWifiやWiMaxなども非推奨です。
家までは光回線など有線のネット回線を引いてほしいです。

答えとしてはこれが全てです。
でも無線接続の人を参加不可とかにはしません。
無線の人は上記のように家庭の事情でやむなくそうしているだけで、それを排除するのは「誰もが参加できる草野球」である週末大会としては本意ではありませんし、そもそも有線か無線かを外部から確認する手段はないので(ゲームによっては表示されるものもある)、ラグが発生しても回線相性が原因なのか無線LAN接続だからかは自己申告でしか判断できない以上、フィルターは役に立ちません。

またハードごとの差異やユーザー層の違いも考慮しなければいけません。
Switchは標準ではLAN端子がついていません。別売りの有線LANアダプターが必要です。標準のハード構成が無線接続なのだから、無線接続が多くなるのも仕方ないでしょう。

もし将来的にXbox series X|Sのサムスピ週末大会をやることになったら、有線が参加条件になるでしょうね。コアゲーマーがスペックを求めて買うハードを無線でつなぐとかナンセンス。

あと初級者大会や中初級者大会では敷居を低くするためあまりうるさく言わないとか…そんな感じで大会ごとに「どのくらい無線が非推奨とされるか」の濃度は変わると思います。

ちなみにここからは余談ですが。
最近はWifiの性能が向上して、データ転送速度なら有線LANに引けを取らない規格もあります。ネットで動画視聴やファイルアップロードなど、大量のデータ送受信も楽々こなせるでしょう。普通に使うぶんには有線と無線の垣根はだいぶ取り払われたと思います。
しかし。格ゲー等のネット対戦には、Wifiが自慢げに語る最高速度も大量のデータ送受信も必要ないのです。
必要なのは、「途切れずに、繋がり続ける安定性 」
無線は様々な要因によって一瞬途切れます。途切れてもエラー補正機能があるので普段使う上でそれを意識することはないと思いますが、格ゲーではデータが一瞬途切れるだけでラグの原因になります。
かように無線LANはいくら性能向上しても、仕組みの根底からして格ゲーとは相性が悪いのです…。
ですので、繰り返しになりますが。
基本的に無線は非推奨です。
有線接続が可能な環境であれば有線で繋いで下さい。

よろしくお願いします。


Related Posts

Comments are closed.