Tag Archives: 雑談

週末大会について

基本的に、参加資格、参加条件などはありません。
説明の際によく使われている例えですが、
週末大会の方向性は『草野球』です。

予選を勝ち上がった選手たちが日本一を目指す高校野球でもなければ、
スター選手のプレイを見て楽しむプロ野球でもありません。
勝ったところで栄光の優勝旗も多額の報酬もありません。

そもそも、誰かのプレイを見る番組として生まれたわけでは無いのです。
配信しているのでそういう楽しみ方もできるとは思いますが、基本的には
誰もが参加でき、誰もが選手(プレイヤー)になって”遊ぶ”イベントなのです。
なので時間が合うなら気軽に参加して下さい。

……という感じで、大雑把にでも理解してもらえれば幸いです。
ざっくり説明、完。
────────────────────────────────────────────────────────────
ここから下は興味のない人は読まなくていい、週末大会に関する昔話をします。
この記事を書いているShow.から見た昔話です。長いので見たい人だけどうぞ。

週末大会の発端は2009年、2ch掲示板の『Xbox360版ストIVスレ』。
今のサムスピもそうですが、ネットでの対戦相手がちょっと少ない状況でした。
そこである人が「なら時間を決めて集まろう」と旗を振り、週末大会が始まりました。

当時は動画をアップするニコ動やYoutubeはありましたがライブ配信に関する環境はまだ十分とは言えない状況でした。
海外にはゲーム配信で盛り上がりつつあるJustin.tv、Ustreamがあったけど、日本向けにはサービス開始していない時代。TwichはJustin.tvから変化したものなのでまだ影も形もない。

そんななか、大会は掲示板を利用して進行。参加を希望する人が掲示板にゲーマータグを書き込み、発起人の方が組み合わせを決め、それに従ってそれぞれ対戦が行われます。
対戦した2人は負けた方が掲示板に「○○さん勝ち上がりです」と報告、発起人の方が情報をまとめて次の組み合わせを発表していく大会でした。

後日、自分が対戦した様子をニコ動にアップする人は何人かいて、それが週末大会で行われた対戦の様子を当事者以外が知る唯一の手段でした。
今でもニコ動で『ストⅣ週末大会』で検索すると出てきますよ、2009年の動画が。

ちなみに今で言う一回戦や二回戦の戦いが並行して同時進行していたので、展開は速かったです。
この時点では週末大会は2ch掲示板の『Xbox360版ストIVスレ』の中のイベントでした。

※余談ですがPS3版ストIVプレイヤーたちは2ch掲示板よりIRCをメインに集まっていたようです。時代ですね。

やがて発起人の方が仕事で海外出張することになり、誰か後を継いで大会の運営をやってくれないかという話が出たとき、手をあげたのが現在の週末大会を立ち上げたツナさんです。
ツナさんは当時の週末大会で遊んでいたXbox360のフレンド何人かに声をかけ、協力を募りました。それが現行の週末大会の初期メンバーです。

週末大会の初期メンバーには偶然にも、技術系や創作系に強く、また週末大会を成功させるための熱意と責任感のある人々が揃っていました(Xbox360ユーザーの平均年齢が高いことが幸いしたのかも)。
最初に目指したのは、2ch掲示板でもツナさんが仮で作ったページ(があったのですよ)でもない、週末大会専用のホームページ作成。
ちょうど2010年4月にスーパーストリートファイターIVが発売されるということで、そのタイミングでスタートできるように仕様を詰めていきました。

そのなかで
・対戦の様子を他の人にも見せたい
・勝敗の報告をしてもらわないと進行が止まる問題をなんとかしたい
となれば
「進行管理を専任するホストがひとりずつ招待、対戦してもらい観戦、それを配信するのはどうだ」
という結論に至るのは当然なのですが、
「いやそれホストの負担が重すぎるし時間かかりすぎる、無茶でしょ」
という危惧も当然ありました。

そもそも大会運営を行うのに実用的なライブ配信サービスが前述のように海外のJustin.tv、Ustreamくらいしかない時代。
個人レベルはともかく、多人数参加型の格ゲー大会をライブ配信しながら進行するなんて、私の知る限りどこもやっていなかったはずです。
「昭和は携帯電話がないので待ち合わせに遅れたら連絡手段がない」なみの、今を知る人からするとうっそだーと思われる話かもしれないけど、本当なんですって。

前例のない試みだが、なにはともあれやってみよう、ということでスーパーストIVの発売にあわせて2010年4月にホームページ公開、配信サービスは最初Ustreamを使用。
心配した「ホストの負担が重すぎるし時間かかるのでは」問題は……解決してないけど根性で押し通しました。というか今もこの問題は根本的に解決してないです(多少は楽になるツールも作りました)。

※ちなみに週末大会と同じくらいの時期に『GODS GARDEN』さんが、翌年には『TOPANGA』さんが始まりますが、どちらもプロ野球の方向性……スター選手のプレイを見て楽しむ番組としての色が強いものでしたので、なら競合しないなと週末大会は気にせず草野球の方向性でやってます。

ホームページは最初、わたくしShow.が作ったフルスクラッチHTMLだったけど、途中からWordPressを使ったブログ形式に移行。デザインに関しては週末大会スタッフのがんドレさんがイラストレーターの方々にお願いしてくれて、雑君保プ先生にロゴを、大山樹奈(きな)先生にイラストを提供してもらいました。感謝!

そんなわけでスーパーストIVから現在のかたちになった週末大会はその後、アルカナハート3やソウルキャリバーV、ストIII3rdOEやストVなどのタイトルも扱い、(2018年末~2019年6月の休止期間を除いて)ほぼ毎週なんらかの大会を行ってきて今に至るわけです。

※でも私のミスで2013年1月以前のデータはすべて消えてしまいました。
本当に申し訳ない……。

配信時のコメントについて

こんにちはShow.です。
これまで週末大会でこのような件を記事にしたことは無いのですが、配信時のコメントについて少し述べさせていただきます。

配信時、みなさんが書き込んでくれるコメントは時に進行の助けになっていますし、イベントを盛り上げる意味でも、また参加者、視聴者のコミニュケーションとしても、本当に欠かせないものだと思っています。
しかし最近は少々、悪ノリが過ぎるコメントも見かけます。

週末大会を続けていくためにも、そして週末大会に初めて参加した人がコメント欄を見て嫌な思いをしないためにも、TPOをわきまえていただければと思います。

明確なラインを決めるなどとは言いませんが、それでも
・知らない人が見たら喧嘩に見える煽り合い
・下ネタ
この辺りは、身内のみ集まるクローズな場所でこそ笑える内容だと思いますので、オープンな場所である配信コメントでの使用は控え目にしていただければ幸いです。

皆さまのご協力で楽しい週末大会を続けていければと思います。
よろしくお願いします。

週末大会運営の緩募

こんにちはShow.です。
週末大会の成り立ちは過去の記事にて記載させていただきましたが(読んでない人もいると思うけど)、現在、週末大会は初期メンバーがほとんど運営スタッフとしての活動を休止して、初期メンバーで現在活動しているのは私のみとなっています。
報酬の発生しない、好きだからやっている以外に理由のない活動なので、日常が忙しかったりモチベーションが下がればそうなるのは仕方ない事です。
また開催したいタイトルが出たら戻ればいいよ。来る者拒まず去る者追わず。
……いやしかし、来る者はいるのか?
そんなとき伊勢海老さんがサムスピ中初級者大会を開催したいという申し出をしてくれて、次いではむちーずさんもホストをしてくれると申し出てくれましたので、今なんとかサムスピに関しては回せるスタッフが私と伊勢海老さんとはむちーずさんの3人となりました。正直助かった。

実はストV週末大会の時点で動いている運営スタッフはツナさんと私だけでした。
そんなツナさんも日常が忙しくなって週末大会に時間を割けなくなり、もう無理か?…というのがストV週末大会が終了した時の状態です。

しかし大会を行う環境はそのままなので、定期的に配信・ホストを担当してくれる人さえいれば他のタイトルの大会だって出来るのです。
足りないのはPCでの配信環境を持っていて定期的に配信・ホストをすると約束しよう!自分の好きなゲームを盛り上げるために無報酬で毎週末、数時間を捧げる!という人なのです。
いやーいるかねぇ、そんな酔狂な人。
……と思って何もしませんでしたが、聞いてもないのに決めつけは良くないだろうと言うことで、一応、緩募しておきます。

ゲームタイトルは何でもいいです。過去にやってたストVなどでも。
○○週末大会を開催したい!
PCを使って配信・ホスト・実況ができる!
飽きて無責任に放り投げたりしない!(←重要)

という人がもしいれば、わたくしShow.のTwitterアカウント(@Hayanagi)にでもご連絡ください。
もしやることになれば、大会を建てるまでのお膳立てはこちらで行いますので。

※ちなみにこういった週末大会のマネジメントは本来ツナさんの担当なのですが忙しくて動けないとのことで、相談した上で私が募集してみてもいいと許可を得てこの記事を用意しました。「なに勝手に決めてんだよ」とか怒らないでくれよ!

週末大会についてざっくり説明(と昔ばなし)

サムスピ週末大会を開催したことで、これまで週末大会に馴染みのなかった方々が新たに知る機会が増えたようですので、週末大会についてざっくりとお話しします。
昔から知っている人にとってはいまさらな話ですが、新たに知った人向けということでひとつ。

基本的に、参加資格、参加条件などはありません。
私は説明の際によく言っていますが、
週末大会の方向性は『草野球』です。

予選を勝ち上がった選手たちが日本一を目指す高校野球でもなければ、
スター選手のプレイを見て楽しむプロ野球でもありません。
勝ったところで栄光の優勝旗も多額の報酬もありません。

そもそも、誰かのプレイを見る番組として生まれたわけでは無いのです。
配信しているのでそういう楽しみ方もできるとは思いますが、基本的には
誰もが参加でき、誰もが選手(プレイヤー)になって”遊ぶ”イベントなのです。
参加の敷居はできるだけ低くしていますので、時間が合うなら気軽に参加して下さい。

……という感じで、大雑把にでも理解してもらえれば幸いです。
ざっくり説明、完。
────────────────────────────────────────────────────────────
ここから下は興味のない人は読まなくていい、週末大会に関する昔話をします。
長いので見たい人だけどうぞ。
Read more »

プレ開催 サムスピ週末大会 結果と対戦部屋の仕様について

何とか無事に終わりました、プレ開催 サムスピ週末大会の結果報告です。
参加人数は8人でした。トーナメントの体裁を整えられてよかった。

■プレ開催 サムスピ週末大会 結果報告
優勝 Show. (柳生十兵衛)  
実は録画に失敗していました。
しかも終わった後にエキシビジョンマッチでトナメを作り直したから、本当に優勝したっていう証拠はないよ。配信を見た人の記憶にしかない幻の大会だけどプレ開催だからそういうこともあると勘弁してください。
ですがやはりサムスピ、見どころのある試合が多かったです。

ここからが本題。
色々調べるためのプレ開催でしたが、やってみてよかったというか、やってみなけりゃこんなのわからないよ!という謎仕様がいっぱいでした。

部屋を立てるときに「プライベートルーム」という設定があるのですが、これをONにするとですね。
他の格ゲーの常識で言えば、「招待された人のみが入れる」だと思うじゃないですか。
でも違うんです。

本作のプライベートルームは「フレンドのみ入れる」なのです。
フレンドなら、招待が届かなくてもフレンドリストから「ゲームに参加する」で入れます。
フレンドでないなら、招待が届いても入れません。

カスタムマッチの入場制限設定はこれしかないので、大会参加者はホストとフレンドになるのが参加の必須条件となります。
何故こんな仕様にしたSNK。
ポジティヴに考えるのならフレンドにさえなっておけば招待を待たなくても能動的に部屋に入れると言えます。次が自分の番だと解っている人はフレンドリストからホストを表示、ゲームに参加すればよいのです。

あと、〇本先取ルールの設定は出来ません。今どき出来ないのは意外ですが、とりあえず大会で2本先取ルールをやるときには1回の対戦に2~3回、対戦席(ホストは観戦席)に着きなおして試合を行う必要があります。
もし全試合を2本先取ルールでやろうとすると面倒くさそうだな……まぁそのくらいならいいか。

というわけで「どんな進行上のトラブルが起きそうか洗い出す」という意味では今回のプレ開催は大成功だったと言えるでしょう。
次回から第1回として始めたいと思いますが、日時は決まりましたら改めて告知します。
その際には、またよろしくお願いします。

週末大会リニューアル、最初の山場を超えて

Show.です。
配信にはほぼ参加してないので「誰だお前」って言われるかもしれませんが、週末大会が行われていない時間に大会ページを管理・修正して大会へのお膳立てを整え、大会中はページにトラブルがあったら対処できるよう待機してたりする者です。あとニコ動向けの大会動画作成とか。

さて、今回ウル4週末大会にぎりぎり間に合わせて(3on3には間に合いませんでしたが)、大会ページのリニューアルを行いました。
やはり最初はいくつかトラブルが発生しましたが、なんとか変更に伴う最初の山場は超えたと思います。

ぶっちゃけると今回の改善の8割は“実況配信スタッフのため”の改善です。
今まで週末大会を行う際に毎回手作業で行っていた部分をできるだけ自動化または簡単にすること、私でなければ変更できなかった深い部分までスタッフが手を入れられるようにすること、などが主な変更です。
これにより実況配信スタッフの負担が減り、新規タイトルも追加しやすくなることで、もっと楽に色々な大会を開催できるようになったらいいな、というわけです。

そのなかで参加者の方々のための改善として、以前から欲しかったコメント欄の追加やゲーマータグの非表示、毎回手動で行っていた部分をできるだけ自動化できるような機能をつけました。

しかし、まだまだ改善したい部分や追加したい機能があるので、今後も少しずつ変わっていくかと思います。
もし参加者サイドから「こうして欲しい」という案を頂ければ、全ては無理ですが、私が「それいいかも! & それ出来そう!」と思ったら(←すみません判断基準こんなです)実装する…かもしれません。
要望がありましたら週末大会スタッフの誰か経由ででも、私の方に投げてみてもらえればと思います。

これからも週末大会が「ネットで一番参加しやすい大会」になるよう改善していこうと思っていますので、よろしくお願いします。